×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












「花村君っ!!!」

「花村っ!!!」

「ヨースケェーっ!!!」

「グルルルルル………!!!」

四人が駆けつけると、ちらりと本物の陽介がみんなを見た。
彼は目の前に立つ自分に動揺していて、瞳がゆらゆらと動いていた。

「ぁ……………。ちが、これは俺じゃないんだ。」

小さく呟かれた言葉に、は眉をひそめた。
あれが陽介の影。
楽しそうに薄ら笑いを浮かべて、らんらんと光る目でこちらを見ていた。
高く笑って彼は本物の陽介へと言葉を投げかける。

「俺じゃないって………?嘘つくなよ。俺はお前だ。
お前の本心だよ。ずっとお前に押さえつけられて窮屈だったけど、やっと出てこれたんだ。
なぁ、ウザイって思ってるのはホントはお前のほうなんだよな?」

くつくつと笑いながら目を細める。
軽蔑したような目で前にいる陽介を見た後、ちらりとに視線を這わせた。
そのまま彼は述べた。

「本当は何もかもウゼーんだよなぁ?田舎暮らしも学校も、ジュネスとかも。
お前がここに来た理由は先輩のためじゃない。
本当の理由は―――――――」

「や、やめろっ!!!」

「何でだよ?本当の理由はテレビの中にわくわくしてたんだよな。
何か新しいことが始まるかもしれないって、思ってたんだろ?
運よく『先輩が死んだ』………なんていう口実もあったことだしなぁー?
そう言えば、アイツはテレビの中にお前を連れてきてくれる。
そう思ってたんだろ?」

シャドウ陽介はスッとを指差す。
はキッと鋭くシャドウ陽介を睨んだ。もシャドウ陽介を睨んだまま動かない。
足元のコロマルだって、毛を逆立てて低くうなっている。
合図をすれば、いつでもシャドウ陽介に飛び掛っていきそうな勢いだった。

「俺は………そんなこと……全然…。
、見ないでくれ。コレは俺じゃ………」

この言葉にはハッとした。
シャドウとは、元を辿れば人間が自分の本音を抑圧していた部分。
それを否定するということは、自分自身を否定すること。
そうなればそれらは人間から切り離され、暴走してしまう。

「俺じゃ……………」

「ダメよ花村君!!!自分を否定しちゃだめっ!!!」

は大きく叫ぶが、もはや手遅れだった。
焦った陽介は、全身で目の前にいる自分を否定してしまう。

「俺じゃないんだっ!!!!」

「くっくっくっくっく………ははははははは!!!
ようやくお前から解放される―――――――――――っ!!!
邪魔する奴は死ねばいいんだよっ!!!」

シャドウ陽介が闇の力を放った瞬間、本物の陽介は意識を失った。
制御不能となったシャドウは大きく形を変え、をギロリと見下ろす。
それはまさに、歪んだペルソナ。
ゴルフクラブを握り締めるの肩には手をのせた。

「いい、君。彼を助けるのはあなたよ。」

「え、でも俺にそんなこと…………」

「できる。だってあなたは、ワイルドの力を持ってるんですもの。
大丈夫。クマだってあなたをサポートしてくれるわ。」

後ろを振り返れば、少し遠い位置からクマがガッツのポーズをしてくれる。
は大きく息を吸い込んだ。
そう、一人じゃない。
クマがいてくれて、もう一人の自分だっている。
きっと………やれる。花村を助けることができる。

も一緒に戦ってくれるのか?」

ふと疑問に思い、彼女にそう問いかけてみれば、は苦笑しながら部屋の入り口を指差した。
そこに視線をうつせば、闘争心むき出しのシャドウたちがこちらを見ている。
クマが小さく悲鳴を上げた。

「野次馬はいらないからね。アレは私とコロマルとで何とかするわ。
君…………花村君を助けてあげてね。」

パチリとウィンクしたあと、はコロマルとともにシャドウの塊へと向かっていった。
は彼女を見送ったあと、目の前にいるシャドウをにらみつけた。
陽介から出た影の部分。
だけどそれは、誰にでもある。
本当のことを思う自分。
それを否定したい自分。
本当の強さは、そんな自分を認めてあげられることができること。
いやな自分を乗り越えていけること。

「花村には………ちゃんとその力があるんだっ!!!
うおおおおおおお―――――!!!」

は彼を呼んだ。
もう一人の自分。目の前のシャドウと戦える、自分の力…………。










陽介が目をさますと、視界にみんなの安心した顔があった。
どこかやけに体が重くて、体育で沢山走ったあとのような体のだるさが彼を襲った。
周りを見回せば、自分がテレビの中に入ったときのことを思い出す。

(確か俺は、一人で突っ走って、先輩の心の声を聞いて、そのあと……)

ズキンと頭に鈍い痛みが走った。
「陽介、大丈夫か?」と言われてを見たとき、ソレが彼の視界に入った。
さっき否定した、もう一人の自分。
意識を失ったかのように呆然と立っていて、陽介は正直見たくなかった。
ずっとソレを見ていると、陽介の横に誰かが座った。

彼女は少し眉を下げて、笑顔を小さく浮かべながら陽介に静かに声をかける。

「花村君の否定したい気持ちはよく分かる。
でもアレは花村君自身だよ。否定された彼だって、すごく傷ついている。
花村君に認めてもらいたい………きっとそう思ってるわ。
大丈夫。私達は知ってるもの。花村君は、アレだけがあなたじゃない………。」

瞳を伏せがちな彼の頭を、は優しくなでてあげた。
そうすると陽介は「ははっ、」と軽く笑ってから、立ち上がる。
シャドウと向き合い彼は言った。

「分かってたさ、ちゃんと。お前は俺だって。
否定したかった。だけどどんだけ否定したって、俺はお前。それは変わらない。
そう、俺はお前、お前は俺だ………。」

陽介の言葉に、シャドウは嬉しそうに頷いた。
青い光が陽介の体にしみこんでいく。
そして黒い影は強き力へと姿を変えた。

困難に立ち向かう力。陽介のペルソナ。名前をジライヤという。

シャドウが消えてから、ガクっと陽介はバランスを失い、膝から崩れた。
みんながびっくりして陽介に駆け寄ると、陽介ははにかみながら小さく呟く。

「ちくしょう、ムズイな。自分と向き合うって。」

そんな彼には手を差し出した。
「お前はちゃんと、自分と向き合えたじゃないか。」と、そう言って。
は微笑みながら二人を見ていた。
そして先ほど外で見つけたボロボロの一枚の写真を見る。
後で陽介に渡さないとと、思いながら………。







クマの力でジュネスに戻ってくれば、ぐしゃぐしゃ顔の千枝がいた。
彼女は散々怒鳴ったあと、涙を浮かべたまま走り去っていく。
千枝が心配してくれたことに罪悪感を覚え、三人の心をは少し重くなった。

「とにかく帰るか。俺、今日はちょっといろいろあって疲れたわ。」

「そうね。二人ともペルソナに目覚めたから、だいぶ体も疲れてるはず。
あ、そうだ君。私今日から君の家に晩御飯つくりに行くから、下の食品売り場によってくれる?」

が急に思いついたように言ったのでは慌てる。
そんなこと、聞いていない。
確かに今まで買い弁だったので栄養は偏っている。
本当は自分で晩御飯が作れればよいのだが、そんな技術持ち合わせていない。
作れるとすれば味噌汁ぐらいだ。

「そんな急に………。確かに家は隣だけど………その……」

菜々子を除いて、同級生の女の子と食事だなんて……。

が冷や汗をたらしているとは怒ったように彼を見つめ、
仁王立ちになり、凄い勢いでまくしたてた。

「あのねぇ、聞いたわよ。遼おじちゃんから。
ずっと買い弁なんだって?そんなんじゃ栄養が偏るわ。
あなたもナナちゃんも成長期なんだからダメよ買い弁ばっかじゃ。
それに私こっちに帰ってきたときは、ずっと遼おじちゃんちに晩御飯作りに行ってるの。
今、うちも叔父さんたちいないし。ほら、食品売り場。
もう遼おじちゃんからお金はもらってるから。」

陽介に視線をうつすと、「いいなぁ転校生!!!」という目つきをされた。
とうとうは折れ、食品売り場へと行くためにエスカレーターを目指して歩き始めた。
はそれを追う。
「じゃーな、お二人さん」と声をかけた花村を振り返り、思い出したように写真を手にした。

「あ!!花村君、これ………。
テレビの中のコニシ酒店の外で見つけたの。多分、花村君にとって、大事なものだと思うから。」

「俺にとって………?」

疑問符を浮かべつつ、陽介は差し出された写真を手に取った。
そこに映っているのは、笑顔の早紀と陽介の二人だけ。
ジュネスで撮った写真だった。
ドクンと大きく、陽介の心臓が跳ねる。

「花村君、私ね、思うんだけど小西先輩は花村君のこと、大切だったんだと思う。」

「は………?なんだよそれ。」

眉をひそめつつ、そう陽介が問えば、はにっこり笑った。
そばで彼女を呼ぶ声がして、は「写真の裏。」とだけ告げると、
を待っていたへと走っていった。

「写真の裏って………。」

ぽりぽり頭をかきながら陽介が写真を裏返す。
すぐにその文字が目に飛び込んできて、陽介は大きく目を開いた。

『ジュネスにて。大好きな花ちゃんとのツーショット。』

早紀の字で、そう綺麗に書かれていた。

「せ、ん…………ぱ……いっ!!!」

陽介は誰もいないテレビの前で泣き崩れる。
溢れる想いが涙となり流れていく。
男は泣かない。だけど今だけは泣かせて欲しいと陽介は何かに願った。
この先は何があっても泣かないと、心に誓いながら…………。







#5 認めることも心の強さ