×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












、陽介と千枝はジュネスの家電売り場、あのテレビの前に立っていた。
平日だというのに今日は驚くほどに人が多く、
とても平気な顔をしてテレビの中に入れる状況ではなかった。
もしも入ってしまったら、世界を揺るがす大騒動になってしまうだろう。
そう考えていち早く陽介が苦笑した。

「…………ねえ、こんなんじゃテレビの中に入れないよ?」

困ったように千枝が言う。
周りを見れば、若い人から年配の人まで、みんな家電製品を見ていた。
壁には『家電製品、大特価市!!!』なんていう幕が張られていて、
陽介は思い出したように声を上げた。

「そっか思い出した!!!今日は家電製品の安売りの日だったっけか!!!
うっわ〜、ちっくしょぉ〜…………!!!」

悔しそうにガリガリと頭をかく陽介。
そんな彼を見ていて、が小さく呟いた。

「手だけ突っ込んで、クマのこと呼べないかな………。」

「…………!!!それだよそれ!!!ナイスアイデアっ!!!
里中、ちょっとこっちに来い。俺の横に立つんだよ。は向かい側に。
んで、お前画面に手つっこんでクマのこと呼んでみろ。
どうせそこらへんにうろうろしてるんだろ、アイツ。」

パチンと陽介がにウィンクを送った。
千枝とは陽介に指示されたとおりの場所に立つ。
壁が完成したところでが一度自分の手のひらを見て、そっと画面に手を突っ込む。
突っ込んだあと、彼は手をひらひらと振ってみた。
しばらくして、何かが近づく気配がし、ズキンと鋭い痛みが手に走る。

「っつ……………!!!」

驚きと痛みではすぐに手を引っ込めた。

君!?」

君どうしたの!?」

手を押さえる彼は、丸めた手のひらをそっと広げてみる。
綺麗な歯型がついていた。
どうやら訳の分からなかったクマが、本能的に噛み付いたようで………。

「え………ちょっとヤダ。歯型ついてるじゃないの!!!」

慌てての手を掴む。
幸いにも血は出ていない。
見ていた千枝も、痛そうに顔を歪める。
陽介が呆れていると、テレビの中からあの声が響いてきた。

「何なに?これ何のゲーム………?」

それはに噛み付いた張本人、クマの声。
陽介はクマに尋ねてみる。
誰かがテレビの中に入っていないかどうか。
そちらに興味があった千枝もに任せ、陽介と一緒にクマの言葉に耳を傾ける。

「クマったら、思いっきり噛み付いたのね。
あぁもう、歯型消えない。大丈夫?君。」

心配そうに傷を見る
の顔近くにの顔があり、は体が火照っていくのを感じた。
恥ずかしさから?それとも何か違うものから?どっちからなのかが分からない。
どうも最近自分の調子がおかしい。
それもこれも、と出会ってからだった。
陽介とが話しているのを見ると、突然胸がキュッと苦しくなる。
ひどく嫌な気分になる。
を見ているとドキドキしてくる。
50メートルを全速力で走ったようなドキドキ感ではなく、もっと違うもの。
一体何なんだ………。

「………君?」

「へ………?」

気付けばの顔を覗き込んでいた。
意識をどこかへ飛ばしていたは、急なことだったので驚く。
「うわっ!!!」と声をあげ、から少し体を離した。
そのあと慌てて「大丈夫!!!」だと言う。
そう、よかったとが安心したようにふわりと笑った。
の心臓が、また大きく跳ね上がる。

「あ、でも念のために家に帰ってから手当てしてあげるね。」

「あ、ああ。よろしく頼む……よ。」

に言われた言葉が嬉しくて、は少しだけはにかんだ。
残念なことに、彼のはにかんだ顔を見ていたのはだけではなかった。
陽介と千枝もクマとの話がちょうど終わったところで、偶然にも目撃していたのだ。
千枝はこっそり、陽介に耳打ちする。

君も、あんなふうにはにかむんだね。
ていうか、さんの前だと何か雰囲気柔らかくない?」

ニヤリと千枝は笑い、実は二人って………なんて含み笑いをする。
陽介は二人を見つめたまま、呟いた。

「んなことあるわけ………ないだろ。
だってって、知り合ったばっかだし………。」

やけに冷たい言い方をする陽介に、千枝は頭に「?」マークを浮かべる。
どうしてか陽介はの関係を認めたくなかった。
それどころか、彼はのことをズルイと思うし羨ましいとも思う。
だって、の手料理が食べれるじゃないか。
誰よりもと長く、一緒にいられるじゃないか。
確かに写真の一件で、とは仲良くなったけど、と過ごす時間はよりも短い。
悔しい。この言葉が一番今の状況に合う言葉で………。

(あーもー!!!俺ってばどうしたんだよ!!!こんなにイライラして!!!)

ジュネスの家電売り場で、陽介は意味もなく頭を抱えるのだった。










その日の真夜中は雨が降り続いていた。
みんなとの約束で、今日も真夜中テレビを見よう!!!ということになっていたので、
はドキドキしながらテレビを消した。
横には念のため、コロマルも待機している。
この前は真夜中テレビがちゃんと映らなかった。
今回もダメだろうか………?そう思った時、画面が歪み、鮮明な画像が映し出される。

「映った!!!」

「わんっ!!!」

リモコンを握りしめ、映像を見ていると、テレビに映っているのは天城雪子。
は息を呑む。
やっぱり自分の予感は当たっていた………。
彼女は激しく後悔した。
どうして夕方、みんなに理由を話して雪子のところへ行かなかったのかと。
行っていれば、彼女はテレビの中に入れられなかったかもしれない。
犯人を、捕まえられたかもしれない。
テレビの中の雪子は、『逆ナン』という言葉を残して、大きな城の中へと姿を消した。
そこでブッツリ、映像が途切れる。

「わう………わんわん!!!」

消えたテレビに走りより、コロマルが低く吼えた。
も深呼吸して呟く。

「次は雪子ちゃんを助けなきゃ………。」

その言葉は、固い決意へと変わっていった。








#7 第二の事件の糸口へと。