×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。
















連日世間を騒がせていた少女失踪は、意外な形で終息した。雪子がひょっこり家に現れたのだ。
誘拐を疑っていた警察は、何としてでも犯人を捕まえようと、雪子を質問攻めにした。
しかし雪子は誘拐された時の自分の状況を覚えていなかった。
それに加え、あの出来事のことは話せなかった。
異世界で起きた出来事。話せるわけがない。もう一人の自分に殺されそうになったなんて話。
雪子は大事をとり、しばらく学校を休むこととなった。









堂島家でテレビを見ていたは、鋭い視線を感じて画面から視線を外す。
目があったのは、この家の主、堂島遼太郎。
彼はしばらく押し黙ったままだったが、やがて口を開く。

「おい、お前、今回の事件には何も関係してないよな?」

一瞬どきりとしたが、は知らないふりをして答える。

「いや、俺は何も………。天城、見つかったんだって?よかった………。」

そう言って、安心したような顔をすれば堂島も、「お、おぅ………」とためらいがちに声を上げた。
そこへすかさずが割り込む。

「なぁーに?遼おじちゃん、を疑う理由でもあるの?
転校してきたばっかの彼が、事件に関係するはずないじゃないの。
はまだ一人でジュネスにも行けないのよ?」

「いや………何でもないんだ。
ただこの事件には、誰かが関係してるような気がしたもんでな。」

彼の話を聞きながらは、美味しそうに湯気を立てるハンバーグの皿を机の上に置いていく。
菜々子がはしゃいだものだから、話はそこで中断された。
は居間を立ち去り際、にウィンクする。その意図を、は理解した。

が助けてくれた………。

その後、雪子に関する話題は出なかった。代わりに出たのは、堂島の不器用な言葉だった。

「そういえばお前たち、ゴールデンウィークは何か予定があるのか?」

この一言に、も菜々子もはしの手を止めた。
菜々子がゆっくりと聞き返す。

「え?お父さん、ゴールデンウィークって………どっか行けるの?」

「なんだ、どこも行きたくないのか?今年は少しなら休みが取れそうなんだが………」

しばらくの沈黙ののち、菜々子が声を上げた。

「いっ………行きたい!!!旅行っ!!!お父さん!!!どっか行きたいっ!!!」

菜々子は興奮して机から立ち上がる。
苦笑しつつも堂島は菜々子にうなずく。「わかったから。」と。
その後、に顔を向けて「お前たちはどうだ?」と尋ねた。
は反射的にを見た。彼女はご飯を食べる手を止めてから小さく言った。

「………お墓参り、行こうかなって思ってたけど、せっかくだから私も旅行に行こうかな。」

(お墓参り?誰の?)

は疑問に思ったが、堂島はそれについて何も言わなかった。

「そうだったのか。お前が旅行に行くっていうのならそれで構わないさ。
でも、いいのか?墓参り………。」

彼の言葉にコクンと一回だけ首を縦にふる
そのまま彼女はを見て、「も一緒に行こう?」と聞くものだから、彼はうなずいてしまった。
「あ………」と思ったが、菜々子やが楽しそうにしていたので、も唇を綻ばせた。
きっと楽しい旅行になる。そうなればいい。

夕飯を食べ終わり、菜々子とはお風呂に行く。
部屋に残されたのは堂島との男性陣だけ。
はぼうっとテレビを見ているし、堂島は無言で新聞を読んでいる。
そろそろ部屋に行こうかとが思ったとき、堂島が口を開いた。

「墓参り………か。、お前から聞いてるか?
あいつのお袋さんたちのこと。」

の両親のこと?いや、俺は何も聞いてないけど。」

堂島を振り返り、は答えた。彼の顔は新聞に隠れていて見えない。
『墓参り』と『の両親』というフレーズを聞いて、何かがつながった気がした。
隣の湯木家に彼女がお世話になる理由も、なんとなく………。

「そうか。実はな、あいつの両親はもう亡くなってるんだ。お袋さんも親父さんも両方とも。
12年前、辰巳ポートアイランドで起きた事故、お前も知ってるよな?
の両親は桐条グループの研究員で、その日も実験室にいたらしい。
強い子だったよ、は。両親が死んだと分かっても、絶対泣かなかった。
桐条グループで起きた事故の内容も原因も知らされなくて、はそれを突き止めるって言って、
研究施設跡地にできた月光館学園の初等部に入学したんだ。湯木と俺は止めたんだけどな。
けど、両親の死の真相が分かるまで、稲羽市には帰らないってきかなくて………。
結局、は月光館学園で初等部、中等部を過ごした。あいつに何があったかは分からない。
だけどは、高等部を一年過ごして急にこっちに帰ってきた。
両親の死について、何か分かったのかもしれないが、それをは言わない。だから俺も聞かない。」

じっと聞いていたは、ベルベットルームでのことを思い出していた。
ベルベットルームの主――――――イゴールは、確かに言っていた。
は『かつてのお客人だった』と。そして『我々が向けた協力者』。彼女を道しるべにしろと。
彼女は本当に不思議な人間だった。
自分のことはおろか、 どうやってペルソナ能力を身につけたのかも、
前の学校では何をしていたのかも、一切しゃべらない。

分かっているのは、は時折、誰かの影を追いかけているということ。
そして彼女のペルソナはどのペルソナよりも美しく、彼女を懸命に守ろうとしていること。
以前彼女が言っていた『答え』。彼女はそれにたどり着いたと口にしていた。
その答えがとても綺麗だというは、どこか嬉しそうでもあり、悲しそうでもあった。
なぜ…………?自分はこのまま、のことを何も知らずにすごしてもいいのだろうか?
仲間なのに?それ以上に、が気になるのに?

………?大丈夫か?お前がのことでそんなに深刻にならなくても………。
ただお前には知っておいてほしくてな。ま、お前もまだまだガキなんだし、そこまで悩むな。
さっさと風呂入って寝ちまえ。丁度、菜々子とが風呂から上がったみたいだしな。」

堂島はそう言って笑った。読んでいたはずの新聞は、いつの間にか綺麗にたたまれている。
耳を澄ませば廊下から楽しそうな声が響いてくる。
堂島は思い出したようにソファから立ち上がった。

「やべ、今日は俺が茶碗を洗わなきゃいけなかったんだった。
おい、お前は先に風呂に入れよ?」

「あ、はい。」

は魂のこもってない返事しかできなかった。
どうすればは、自分のことをしゃべってくれるんだろう?
そればかりを考えていた…………。











数日たってから、雪子が学校に姿を見せるようになる。
彼女は恥ずかしそうに教室へと入り、まっすぐや千枝の元へと来た。
「おはよう………」と小さな声で囁いてから、彼女は呟くように告げた。

「あのね、この前のこと、ありがとう………。
本音を知られたことは恥ずかしかったけど、でもあれでよかったんだって、今になって思えるの。
逆に本音を知ってもらえたのが千枝とか、君、さんに花村君たちでよかったって。」

「雪子………。雪子は強くなったよ。私、雪子が守れてよかった!!!」

問答無用で千枝が雪子に飛びつく。そんな光景を、他の三人は笑ってみていた。
そのあと陽介が明るい声で言う。

「天城もそろったことだし、今日当たり作戦会議しようぜ。今までのことをまとめる感じで。
場所はそうだなぁ〜………この学校の屋上でいいか。ってことで、夕方屋上集合な!!!」

パチリと彼はみんなにウィンクする。
「作戦会議って………」と千枝は呆れていたが、はこの事件について整理しておきたかった。
の存在も含めて。ペルソナに詳しいの話をもう一回聞くことも目的として。
陽介の意見にも賛成した。

「そうね、ここで事件について少し整理しておいたほうがいいかもしれない。
これはどう考えたって、警察や普通の人間が解決できない事件だわ。」

「私も賛成。自分がどうして誘拐されてあんな目にあったのか、私も知りたいもの。」

に続いて雪子も賛成した。












――――――――夕方、八十神高等学校屋上。

「千枝はおそばでよかったよね?」

雪子が持ってきたカップめんからは、おいしそうな香りの湯気が立っている。
食べるのが楽しみというふうに、千枝は幸せそうな顔をした。

「うん、そうだよ。おぉ〜、この香り、たまらんっ!!!」

そう呟いて、彼女は大事そうにカップめんを膝の上に置く。
その隣に雪子も座った。
メンバーが全員そろったところで陽介が口を開いた。

「それじゃ、これから作戦会議を行う。まずは事件について少し整理しときたいんだ。
最初は…………そうだな、山野アナについて考えてみたいと思う。
クマの話じゃ、こっちで霧が出た日、あっちの世界では霧が晴れるらしい。
霧が晴れるとシャドウたちが暴れだして、テレビの中に入った人は自分自身に殺される。
ってことは、山野アナの自分に殺されたってことか?」

「そうだと思うよ。実際、山野アナが見つかる前の日、稲羽市では濃い霧が出てたもん。」

「そういえば、私、『マヨナカテレビ』っていうのに映ったんでしょ?
ということは、山野アナもその、『マヨナカテレビ』に映ったの?」

雪子が聞き、その瞬間みんなの表情が凍りついた。
彼女は自分がどんなふうにテレビに映ったのか知らない。
その話をうまくはぐらかすために、千枝は他の話題をふった。

「う、うん。山野アナも早紀先輩も、雪子もみーんなマヨナカテレビに映った。
そういえば、テレビの中に入った人って、最近ニュースに取り上げられた人ばっかだよね。
山野アナは不倫関係のニュース、早紀先輩は死体発見者、
雪子は山野アナが泊まってた旅館の女将代理で………。しかも女性ばっか!!!
犯人は女性ばっか狙う変態ヤロウじゃないのっ!?もしそうだったら許せんっ!!!
顔じゅう靴跡だらけにしてくれるわっ!!!」

「落ち着いてよ千枝〜………。」

雪子が横から千枝をなだめる。三人のやり取りを黙って聞いていたは一言ポツリと言う。

「なんか、ニュースで取り上げられて有名になった人を、
手当たり次第テレビの中に入れてるって感じだな。」

「そうね。しかもその手口はまだ分からない。
雪子ちゃん、辛いこと思い出させるかもしれないけど、一つ確認させてもらっていい?
さらわれた時のこと、何か覚えてない?」

に続いても言葉を発した。
雪子は「うーん」と考えたあと、申し訳なさそうな顔をして答えた。

「ごめんね、私何も覚えてないの。玄関のチャイムが鳴って、玄関まで行ったような………」

「おいおいおい!!!まさか犯人は堂々とピンポーンってチャイム押してから天城をさらったとか!?
どんな犯人だよっ!!!」

すかさず陽介が突っ込みを入れた。
周りのみんなも苦笑する。陽介の言うとおり、玄関からとなるとかなり堂々とした犯行だ。
誰かに見られる可能性もきわめて高い。

「でも、否定はできないわよね。実際雪子ちゃんは覚えてないんだし………。」

つぶやくようには言った。
そんな時、雪子がに向き直り、真剣な眼差しで言葉をつげる。

「ねえ君、犯行がどうであれ、私も仲間に入れて欲しいの。
私は自分が狙われた理由が知りたい。誰かに恨まれてるのなら、誰に何を恨まれてるのか知りたい。
それに………ペルソナっていうのも、もっとよく知りたいの。
こんなふうに、中途半端にペルソナのことを知ってるのも気持ち悪いもの。」

雪子はすっと手を差し出した。
手のひらにはコノハナサクヤのペルソナカードが握られていた。
それを見て、千枝や陽介も自分のペルソナカードを差し出す。
トモエとジライヤのカード。そこにも自分のカードを差し出した。
イザナギのカード。そこにもう一人も加わる。
。彼女も自分のペルソナカードをみんなに見せる。
オルフェウス。しかし、みんなのカードとは少し違った。
小学生が喜ぶような、少しキラキラと輝くレアカードのようなもの。
みな、ごくりとつばを飲んだ。

…………そのカード………。なんでお前だけ違うんだ?」

当たり前のように陽介が尋ねる。は苦笑して答えた。

「私のは、継承されたペルソナだから………。このペルソナを使うのは、私で三人目。」

まるで泣きそうな表情のを見て、はハッとした。
そうだこの顔。が何かの影を追い求める時の顔にそっくり。

「三人目って………他にもそのペルソナを使ってた人がいるの?」

すかさず千枝が尋ねるが、は「うん。」とだけしか言わなかった。
いや、「うん。」としか言えなかった。今は。
もしもまた、絶対のものと戦うことになったら…………。今は、そのことを話していい時期じゃない。
まだ確定もしていない。宇宙の果てで眠りについたはずの『彼』が、目覚めたという確証も得ていない。
それに、目覚めるはずがない。自分は実際この目でちゃんと見た。
あの人が―――――――『彼』を、ニュクスを守ってくれていた。
ただ一つ、みんなに言えること、それは………。

「私はこの事件を解決したい。そのために、私は戦うわ。今はまだ、みんなに言えないことだってたくさんある。
けど事件を解決したいって気持ちはみんなと同じなの。だから………私も全力で協力する。」

シンと静まりかえった屋上だったが、すぐに陽介の明るい声が上がった。

「人に言えないことなんて、たくさんあるさ。俺だって身をもって体験したからな。
が全力で協力してくれるんなら、だって大切な仲間だ。
その、いつかいろいろと話せる日が来るんだろ?それだったら、俺たちはその日を待つよ。な?」

彼の掛け声に、も千枝も雪子も頷く。
は申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら、みんなに感謝した。

「ありがとう…………。」

そう言って、自分のペルソナカードを大切にしまったのだった。






――――――あのね先輩、私、とってもいい仲間を持ちました。
           
                   先輩は私のこと、ちゃんと見てくれていますか?――――――――













#13 言えないこと、話せないこと。