×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。















「次のニュースです。
今朝、港区のポートアイランドで、道路が破損しているのを住民が発見し警察に通報しました。
道路には何かをたたきつけたようなヒビが入り、引きずってできた跡も見られるということでした。
警察はこの通報を受け、付近の住民に話を聞くなどして捜査をする方針を固めました。」

そのニュースを見たとたん、は拭いていたプラスチックの皿を落とした。









「おい、今朝のニュース見たかよ?ポートアイランドの道路にヒビだってよー。」

「あ、見た見た!!!どんなイタズラしたらヒビなんか入るわけ?
結構ひどかったっぽいし、どんだけ力かけたんだよって話だよねぇ〜。」

「やったの、実は千枝なんじゃないの?」

「んなわけないでしょーが雪子っ!!!」

「ぷっ………くくく……あは、あははははっ!!!千枝ってば何本気にしてるのよー!!!」

陽介・千枝・雪子の会話が飛び交う中、はじっと頬づえをついて斜め後ろの席に座るを見ていた。
さっきからずっと携帯を握り締めて下を向いている。
は彼らの会話には一切入ろうとはしなかった。それより、会話を聞いているのかどうかも怪しい。
声をかけようにも、なんだか声をかけづらかった。
彼女がいつもより真剣な表情を見せていたから。
今朝、は陽介たちが話しているニュースを聞いて皿を落とした。
瞳を大きく開いてテレビを見ていたを思い出す。今の表情は、それと何か関係があるのだろうか?

チャイムが鳴りそうな頃、ガタンとは席を立った。
不思議に思った陽介が、彼女に声をかける。

「おい、。もう授業始まんぞ?」

「うん………分かってる。ちょっと私、気分が悪いから保健室行ってくるね。」

「え……大丈夫なの?そういえば、ちょっと顔が青いような……」

「私、付き添おうか?」

陽介の言葉に続いて、千枝と雪子も心配そうにを見た。
けれども彼女はいつもどおり笑って「大丈夫。」と言う。
大丈夫っていう顔じゃないくせに?はすぐにそう思った。
席を立ったは、携帯を握り締めたまま教室を出て行く。
それを心配そうな目つきをした四人で見送った。そのあとすぐ、チャイムがなる。
教室にモロキンが入ってきて、授業が始まった。








保健室に行くと言ったは、保健室には向かわず屋上へと出る。
降り続いた雨はどこかへと消えていたが、空はわずかに曇っていた。
壁にもたれかかって、握り締めている携帯に視線を落とす。
あのニュースを見て、ポートアイランドで何が起こったのかすぐに分かった。
道路のヒビ、見たことがある。あれは、二年前と全く同じヒビだった。
現実世界に出た巨大シャドウと戦った時、あの人が放ったジオダインをシャドウがかわした時にできたヒビ。
もしかしたら………

は意を決したようにアドレス帳を開いて電話をかけた。
家を出る前、真田の携帯に何度かかけたのだが、うまくつながらなかった。
今度は違う人にかけてみる。その人が電話に出る確率はかなり低い。すごく忙しい人だ。
何度も何度も呼び出し音が鳴る。

(やっぱり………出ないよね。)

半ば諦めかけたとき、コール音がやんでキリっとした声が耳に届いた。

………か?どうした?』

「美鶴先輩っっっ!!!」

少し驚いて声が大きくなってしまう。電話の相手は苦笑した。

『そんなに大きな声で名前を呼ばなくても聞こえているよ。』

「す、すみません………。まさか電話に出てくれると思わなくて、少し驚いたんです。」

素直に謝る。美鶴は笑った。

『私もこんな時間にから電話が来るとは思わなかった。今は授業中じゃないのか?
さては………さぼっているな。感心しないな………と言いたいところだが、今はそれどころじゃないんだろ?
聞きたいことがあって電話をしてきた……というところか?』

何かを察しているかのように美鶴が言う。
彼女はがどうして電話をしてきたか分かっている。ごくりとはつばを飲んだ。
「あの………」という消え入りそうな声に続いて、単刀直入に尋ねた。

「朝、ニュースで見ました。ポートアイランドの道路が破損してたっていうニュース。
あれは………シャドウが関係してるんですか?二年前のあの時みたいに………。
さっき真田先輩の携帯に電話したんですけど、先輩電話に出なくて……。
もしかしたらって心配になって、美鶴先輩に電話したんです。」

一通り言い終えると、電話の向こう側で美鶴が小さくため息をつく。
そのため息を理解しかねていると、すぐに美鶴は言葉を返した。

『明彦ならここに………病院にいる。天田も一緒にな。2人とも大きな傷は負っていない。
それに桐条グループの息のかかった病院だ。何も心配する必要はないさ。』

「病、院…………?」

『ああ。にはちゃんと話しておかなきゃいけないな。
昨晩の出来事だった。ポートアイランドに巨大シャドウが出たんだ。
私と天田、明彦の三人はこのシャドウをどうにかするため必死で追いかけた。
が知っている通り、私と明彦のペルソナ能力は消失している。
主に天田が戦っていたんだが、天田が不意をつかれて………。
その時だった。シャドウへと拳をぶつけた明彦の背後に………』

カエサルが現れた。

「えっ…………?」

は息を呑む。
桐条グループによるペルソナの研究で、成人に近くなるとペルソナ能力が消失することが分かった。
成人をこえた明彦、美鶴はもちろん、その年齢に達そうとしているゆかり、風花、順平にもペルソナ能力はすでにない。
アイギスは機械だが、命の答えにたどり着いた瞬間、ペルソナ能力を失ったのだ。
かつてはもそうだった。アイギスやかつてリーダーだった彼と同じように命の答えにたどり着いた
ペルソナ能力は消え、平和な日々が戻るはずだった。

『明彦にペルソナ能力が戻った理由は分からない。
そして………ペルソナ能力が消失していたも、突然ペルソナに目覚めた。
明彦から聞いたよ。稲羽市の事件はペルソナが関係している………と。
ならばそちらにもペルソナ使いがいるっていうことか。
とにかく、もうしばらく様子を見てみることにしようと思っている。
明彦にペルソナが戻ったのも、偶然なのかどうか分からないしな。』

ふっと電話口で美鶴が笑った気がする。
「そうですか………」という言葉を吐き出して、は遠くの山を見つめた。
電話口の美鶴が「それよりも」と言葉を続けたので、は「はい?」と声を出す。

『授業にはちゃんと出なきゃダメだぞ。高校の授業はそれなりに大切だからな。
お前の将来にも左右してくる。ま、今回は見逃してやろう。』

「ふふっ、美鶴先輩ってちっとも変わりませんね。
はい、これからはサボらないように気をつけます。」

が笑うと相手も笑った。2人で笑いあったあと、先に美鶴が別れを切り出した。
また何かあったら連絡を入れると言い、美鶴から通話を切った。
も通話が切れた携帯を耳から放し、スカートを翻す。

授業はまだ始まったばかり。モロキンに何か言われるかもしれないが、美鶴と約束した。
授業をさぼらないって。それにが体調不良だと思っている陽介たちも、今頃心配してるかもしれない。
嘘はよくないけど、訂正するのもややこしいし、このまま通すことにしよう。
はそう思って、屋上の階段を駆け下りた。
静かな空間に、彼女の足音だけが響いた。

その日の放課後、完二を調査するたちは、小柄な少年と話をする完二を遠くから見ていた。
何の話をしているかどうかは分からないが、明日の放課後、2人は再び会う約束をしているようだった。
はみんなの顔をぐるっと見ながら頷く。みんなも力強く頷いた。










火曜日の放課後。
昨日予定していた通り、再び巽完二について調べるべく、自称特別捜査隊のメンバーは校門に集まっていた。
柱の影に隠れつつ校門の入り口を見ていると、完二がぶつくさ言いながら出て行くのが見える。
これからあの小柄な少年と会うはずだ。メンバーは顔を見合わせて頷いた。

「で、今日も完二を調べるわけだけど、あいつのあとをつけていくのは誰にする?」

見失わないように陽介が完二の背中を見ながら言った。
「誰もいなければ、俺が行こうと思うんだけど……」と呟いたあと、ちらりとを見る。
どうせならに一緒に来てほしいな……という視線を向けたが、すぐに別の声が上がった。

「はいはーい!!!アタシも一緒に行く!!!探偵みたいで楽しそうだし!!!」

にこにこと笑う千枝。手を上げたのは千枝だったのだ。
やる気満々の彼女に苦笑を向けながら陽介は不安に思う。
そしてすぐに千枝に抗議した。

「里中が?なーんかすぐにバレそうな気がするんだけど……。
こういうのはやっぱり、ちょっと落ち着いたやつがいいと思うんだよな。」

そういいながら、チラリとに視線を向けるが、彼女は陽介を見ていなかった。
の視線の先にあったのはだった。タイミング悪く、ちょうどに話しかけたところで………。

、俺と一緒に巽屋を張ってくれないか?」

「え、うん、いいけど……。じゃあ雪ちゃんも一緒にどう?
雪ちゃんは完二君のお母さんと知り合いだし、何かあった時に心強いし………。
完二君のことは、陽介と千枝ちゃんに任せましょ。
陽介と千枝ちゃんのコンビだったら何とかなりそうだしね。」

にっこりと陽介・千枝に笑顔を向ける。陽介は少しだけ顔を引きつらせた。同時にチクリと胸が痛む。
出遅れた……そう後悔しながらの顔をそっと見ると、彼は穏やかな表情でを見ていた。
の言葉に雪子が頷き、すぐに話がまとまる。

「じゃあ頼んだ、陽介に里中。何かあったら携帯に連絡してくれ。」

はそういい残して、と雪子と一緒に巽屋へ向かう。
千枝が元気のいい返事をして、彼らの背中を見つめる陽介をひっぱる。

「ほら、行くよ花村っ!!!ぼやぼやしてるとターゲットに逃げられちゃうじゃん!!!」

「ん?あ、ああ………。」

2人も急いで角を曲がった完二を追いかけるのだった。

一方、巽屋へとたどり着いた・雪子の三人は、じっと巽屋を見ている。
いつもと変わらない。時々お客が来ては、しばらくして去っていく。
その中に、怪しい人物など一人もいなかった。
陽介と千枝は大丈夫だろうか……そんなことを2人が考えている時、ふと雪子の声がする。

「ねえ、私のときみたいに、やっぱり犯人来るのかな………。」

ぼそりと呟かれた言葉に、が雪子を見る。
地面を見つめてそう言う彼女に、が強く頷いた。

「俺は来ると思う。マヨナカテレビに完二が映ったのは確かだ。
今度こそテレビに入れられる前に俺たちが助けてみせる。」

の言葉にも大きく頷く。雪子の伏せられた視線が2人へと戻ってくる。
そのままにっこり笑って、「そうだね。今度こそ犯人を捕まえよう。」ときっぱり言った。
そうしてしばらく3人で話をし、が雪子に聞き忘れていた連絡先を聞いたとき、ヘトヘトになった陽介と千枝が姿を現す。
2人はパンっと手を合わせたあと、3人にぺこんと頭を下げた。

「すまないでござる。巽完二にバレたでござる………。」

「この通りだ。許してくれ………。」

「………なんでバレたんだ?」

痛いところを聞いてくるに、陽介と千枝は小さくなった。

「や……ちょっと完二を追いかけつつ花村と騒いじゃって………」

「お、俺は悪くないからな!!!里中が興奮してギャーギャー騒ぐから………」

「何それ!?アタシだけの責任って言いたいの!?花村だって、デカイ声出してたじゃん!!!」

「俺よりもお前のほうがデカイ声だったっつーのっ!!!」

いがみ合う2人の様子を見て、は腕を組んでため息をつく。
なるほど、こういうことかと思い、口論を続ける陽介と千枝にはっきりと言った。

「もういい、分かった。こういうことか………。
仕方ない。こうなったら直接完二に聞くしか………」

「あ、完二君!!!」

の声と雪子の声がかぶる。雪子が指をさす方向を見ると、ぶらぶらと完二が巽屋に向かって歩く。
意を決しては完二へと走り、声をかけた。

「完二、お前に聞きたいことがある。」

「お前ら昨日の………。」

警戒するような目でたちを見る完二。
に引き続き、陽介が完二に尋ねる。最近身の回りでおかしなことはないかと。
完二は敵意むき出しの表情で叫ぶ。別に何もない………と。
そのままくるっと背を向けて巽屋へと入っていった。

「やっぱ何もねぇーか………。」

「ホントに真夜中テレビに映ったのって、完二君だったのかな……。
何か自信なくなってきちゃった。」

「でもあれは、やっぱり完二君だと思うよ。」

「何かもう少し本人だと断定できる情報があれば………」

以外のメンバーが、口々に言葉を発する。そんな中で彼女だけがじっと巽屋を見ていた。

(なんだろう、この感じ………。どこかで………)

そう思った直後、キィーンという耳鳴りがした。
しかしそれはすぐにやみ、ハッとしたは周りを見回す。
たちは何も感じなかったのか、みんなで完二についての話を続けている。
すぐに消えてしまったが、ペルソナの共鳴に似ているそれ。
まさか、完二がペルソナを………?
そう考えた直後、の「今日は解散しよう」という言葉を聞く。
は後ろ髪を引かれながらも他のメンバーと共に巽屋をあとにした。








#18 自称、特別捜査隊。