×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












「完二君!!!」と先に声を上げたのは、天城雪子。
黒い瘴気を立ち上らせたもう一人に立ち向かう、たくましい彼がいた。
本物の巽完二。握った拳を震わせて、もう一人の自分と対峙する。
ふいに完二が叫んだ。

「ざけんじゃねーっ!!!お前、誰なんだよ!?」

「何言ってんのさ。僕はもう一人の僕だよ?
ずっとずっと君の中にいたけど、やっと外に出てこられた……。」

完二が対峙するもう一人の完二は、体をくねらせて答える。
の隣にいた陽介が、ボソッと呟く。「俺、ちょっと今回無理かも……」と。
千枝も眉をぴくつかせている。
完二だって、こんな気持ちの悪いものがもう一人の自分だと言われ、納得できない。

どうして自分の中にこんな気持ち悪い自分がいたというのか?
自分は男らしさを追及していたし、実際男らしいと思っていた。
喧嘩も強いし、適度に筋肉はある。怖いものなんてない。
だから認められなかった。今目の前にいる女みたいな人物が、自分だと言われて。

「何……言ってやがんだよ。お前は俺だって……?
ざけんじゃねーよ!!!俺の中に女みたいなお前がいるわけがねぇ!!!
なんだよ、そんなに体くねらして。気持ち悪いったらありゃしねぇ!!!」

キッと完二が相手を睨む。
もう一人の完二は口の端を上げて笑った。
「あ……」と雪子が声を上げる。そう、これまで見てきた展開と同じ。
みんな、対峙する自分を否定してきた。
雪子だってそう。否定するなといわれても、本能のまま動く自分を否定したくなる。
それが人間というものだから。
そして今、完二も目の前の素の自分を否定しようとしている。

「そんな冷たいこと言わないでよぉ〜。ひどいじゃないか。
君は僕で、僕は君。君の中には女の子みたいな僕が眠っていたんだよ?
ねぇ、僕を否定するの?否定していいの?もう一人の僕?」

ゆっくりと、ふんどし姿の完二が近づいてくる。
完二はじり……と数歩後ろに下がった。

「ち、近づくんじゃねぇ!!!お、おい!!!近づくなっつってんだよ!!!」

「完二っ!!!否定すんじゃねー!!!
お前がそいつを否定すると、大変なことになるっ!!!」

大きく陽介が叫ぶ。振り返った完二の顔には、焦りの表情があった。
見られた。このやりとりを。目の前にいる自分を。
一気に羞恥心が湧き、どやっと汗が吹き出てくる。
完二は早口でまくし立てた。

「お、お前ら……!!!み、見んじゃねーっ!!!こいつは………こいつは……」

「完二っ!!!」

鋭くも叫ぶが、効果はなかった。

「こいつは俺じゃねーんだぁぁぁぁぁぁぁーっ!!!!」

彼の雄たけびが上がり、ふんどし姿の完二は高く笑った。
どんどん力が増していく。その感覚に、たちは鳥肌がたった。
やはり戦いは避けられない。は武器を手に取る。
同じようにも新しく調達してきた武器を構えた。
目を閉じれば、今つけているペルソナが頭の中で揺らめく。

「お、おい……なんだよこれ。力が抜けて……」

膝から崩れていく本物の完二。
雪子が彼に駆け寄ろうとするが、敵が高く飛び、ズドンと彼女の前に立ちはだかる。
同時に、呼ばれるようにして現れる新たな敵、ナイスガイとタフガイ。
みんなは真剣な顔つきで、武器をかまえる。
それを見たシャドウ完二は、意味ありげににやりと笑った。

「この僕とやりあうっていうの?嬉しいなぁ〜。こんなに構ってもらえて。」

「お前と遊んでる暇なんてねーんだよ!!!」

陽介が答えると、シャドウ完二は目を細める。
「つれないなぁ〜。」と一言言うと、ボソッと何かを囁いた。
その瞬間、と陽介に異変が走る。
二人は同時にガクっと膝を折ると、額に手を当てて体を震わせた。

「ちょっとどうしたのよ!!!花村に君っ!!!」

「く、苦し………。何か突然、力が抜けて……汗が……」

息も絶え絶えに答える陽介に、雪子が走りよった。
もしゃがんでの状態を見る。彼は毒におかされていた。
陽介も同じように………。

?しっかりして。今ポズムディを………」

「悪い……な、。」

苦しそうにが笑った。雪子も陽介にどくだみ茶を与えようとしたその時………。
再びシャドウ完二が何かを囁く。
「また!?」と千枝が思ったが、今度は自分に異変が起こった。
何故だかすごく、イライラする。今すぐにでも敵にぶつかっていきたい。
心の中の自分が、「だめ」と叫ぶが、そんな自分がやがて押しつぶされていく。

「こんにゃろぉぉぉぉぉぉぉーっ!!!」

「里中っ!?」

「おしまいよっ!!!!」

「天城っ!?」

二人の異変に気付いた陽介とが声を上げる。
けれども千枝や雪子は気付かない。怒りで我を忘れているようだった。
そんな二人を見ながら、はペルソナを発動させた。
陽介と、二人にポズムディをかける。
苦痛がすぅっと消え、二人は立ち上がることができた。
次にがむしゃらに攻撃を加える女子二人に、鎮静剤を与える。
雪子と千枝は顔を見合わせ、慌てて三人のところに戻ってきた。
はそれを確認すると、何か考えるようにして下を向く。

「ごめん!!!
何か私たち、怒りで我を忘れちゃってたみたい……って、どうしたの?」

帰ってきた千枝がを覗き込んだ。

「あの、私気付いたんだけどね、シャドウ完二の囁きって、男女とでは効果が違うと思うの。
きっと男子では毒になって、女子では憤怒になるんだと思う。」

「でもあんなの、防ぎようがねぇーだろ。」

クナイを握り締める陽介。そんな彼に笑顔を見せる
彼女は言葉を続けた。

「うん、だから………ここは一気に攻める作戦で行きましょう?
ねぇクマ、あいつらのスキルや弱点を教えて?」

細くて白い指が、タフガイとナイスガイを指す。
クマは慌てて彼らのスキルや弱点をのぞき見た。
タフガイやナイスガイたちに弱点がないことに絶望を感じたが、
唯一、マカジャマに弱いことが分かる。

「うーんと……一番ヤッカイなのはナイスガイクマね。
ディアラマとか、タカルジャとかを持ってくるクマ。
残念ながらあいつらに弱点はないクマ。けど、唯一、マカジャマに弱いクマね。」

その瞬間、ハッとする。大きく目を開き、みんなに言った。

「マカジャマ………。そうか!!!それなら何とかなるかもな。
よし、今回はの言うとおり、一気にカタをつけよう。
、お前は俺と一緒にサポートに回ってくれ。は補助魔法を担当してほしい。」

「了解。」

「陽介と千枝とコロマルは攻撃担当。まずはナイスガイから倒してくれ。
そのあとタフガイは無視し、シャドウ完二を一気に潰す。」

「おっしゃ!!!任せとけって相棒っ!!!」

「わかった。やってみる!!!」

「ワンッ!!!!」

「天城は回復担当。誰かがヤバくなったら、回復してほしい。
それまでは陽介や千枝の指示にしたがってくれ。」

「わかったわ。」

の指示で、みんな散り散りになった。
はペルソナを変えて、陽介や千枝、コロマルにタカルジャをかける。
リーダーであるは、マカジャマでタフガイたちを魔封状態にした。
雪子は回復をかけつつ攻撃をする。千枝と陽介は全力で敵にぶち当たった。
ピンチに陥る時もあったが、お互いが助け合うことで最悪の事態は免れた。
誰一人欠けることもなく、敵を倒していく。
最後に千枝が攻撃をした時、シャドウ完二の雄たけびが上がった。

「なんで………なんで僕を解放させてくれないんだよぉぉぉぉぉぉっ!!!」

彼のその叫びは、どこか悲しいものだった。








完二は夢を見ている。夢の中の自分は、まだ幼い。
大人の完二は幼い自分の横にいた。

「わーっ!!!完二君ってきもちわるーい!!!男の子なのにお裁縫だってぇーっ!!!」

「だっさーい!!!完二君とはもう口きかなーい!!!」

「お裁縫って、女子がするもんだろーっ!?お前がすんじゃねーよ!!!」

口々にそう言って、走り去っていく男子達。
「待って!!!」と涙声で幼い完二が叫ぶ。けれども誰一人、待ってくれなかった。
そのまま幼い完二は唇をかみ締めて涙を流す。
手には自分で作った人形が握られていた。力いっぱい握っていたため、すこし潰れている。
しばらく一人で泣いた完二は、手に握られたそれに視線を落した。

母に教えてもらいながら作った、ウサギのぬいぐるみのキーホルダー。
友達にあげようと持ってきたのに、友達はみんなそれを見るなり完二を軽蔑した。
そんなの女の子のするもんだろ……と、一人はキーホルダーを完二に投げつけた。
残り二つは、友達からどこかへ投げ飛ばされて消えてしまった。

幼い完二はぎゅっと再び人形を握った。
「こんなの………!!!」と腕を振り上げ、キーホルダーを地面に叩きつける。
ハァハァと肩で息をしていると、誰かがそれを拾い上げた。

「………これ、可愛いね!!!」

涙の溜まった瞳を上げると、にこやかに笑う女の子がいた。
土の汚れを払って、キラキラした瞳でキーホルダーを見つめている。
幼い自分の横にいた大人の完二は、目を大きく開いて呟いた。

、さん…………?」

そこで世界が歪む。大人の完二は足元から崩れ落ち、奈落の底へ落ちていく。
その瞬間思った。これは昔の出来事だと……。
同時に、完二には分かったことがある。そう、さっきのは確かに自分。
遥か昔に自分が心の底に沈めた、もう一人の……。
友達を失くしたくなくて、もう一人の自分を殺した。
女みたいな自分がいやで、男らしさを追及し、それが本当の自分だと思わせた。

「俺は………間違ってたんだな。」

完二がそう囁いた瞬間、光が飛び込んできた。
眩しくて目を閉じる。次に目を開けたとき、彼を覗き込む懐かしい顔を見た。

「完二君っ!!!」

……………さん?」

その言葉を聞いて、が微笑んだ。その後、すぐに違う声が上がる。

「完二くんっ!!!よかった………。」

彼が体を起こすと、そばで雪子が泣き笑いを浮かべていた。
確か天城旅館の………雪子先輩。そのままぐるっと周りを見回す。
あの時自分を尾行してた彼らが、ほっとしたような表情を浮かべていた。
そして視界に入ってくるもう一人の自分。
黒い瘴気を立ち上らせながらも、全く動かない。

完二はムスっとした顔をして立ち上がった。
ゆっくりそれに近づき、拳を握って大きく叫んだ。

「おらっ、歯ぁー食いしばれやっ!!!」

バキっ!!!と鈍い音がして、もう一人の自分が吹っ飛ぶ。
後ろから上がった「あっ!!!」という声を無視して、完二はもう一人の自分を睨んだ。
彼は立ち上がってくる。シャドウ完二も目の前にいる本物を見た。

「お前が俺ん中にいたのは知ってたんだよ。けど、気付かないふりしてきた。
こんなカッコワリィ自分がいるのなんて、認めたくなかったんだよ。
けど、今の俺も自分、カッコワリィお前も自分。認めてやるよ、お前は、俺だって。
だからよ、そんなみっともねぇー顔すんな!!!」

シャドウ完二が少しだけ微笑んだ。
そして彼は消えていく。その代わり、新しい自分が現れた。
名前を『タケミカヅチ』。巽完二のペルソナ………。







#23 タケミカヅチ