×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












「お………おいおいおいっ!?……姉ちゃんって……どういうことだよ巽完二ィィィーっ!!!」

そんな大声と共に、陽介が座っていた椅子がひっくり返る。
彼は立ち上がり、驚きに満ちた顔をしていた。
の隣にいたも、鋭い瞳で完二を睨みつけていた。

(お……俺、今イケナイこと言った……?)

二人の視線を受けながら、驚きを隠せない完二。
それを面白そうに見ている千枝と、オロオロする雪子。
慌ててが3人の間に割り込んできた。

「ごめん!!!説明してなかった。
実は私と完二君、昔からの知り合いで、私がまだこっちにいた時、よく一緒に遊んでたのよ。」

「だからって……姉ちゃん……かよ。」

陽介が声を震わせる。眉をつりあげた完二がすかさず叫ぶ。

「いっ……いーじゃないっすかよ別に!!!
歳が上だから、姉ちゃんでも呼び方的にあってんだろうがっ!!!」

「あーハイハイ、分かったから完二君!!!」

一触即発というムードに、千枝が助け船を出した。
隣にいた雪子も、「今はそんな話をしてるわけではなかったんだけど……」なんて声を出した。
なんだかどこか少し、悲しそうだった。

とにかく、陽介と完二の二人を落ち着けてから、事件の話に戻る。
最初議論の中心となったのは、「被害者はいずれも女性?」という共通点。
今回、ターゲットとなったのは、男性である巽完二。今までの仮説が簡単に崩れてしまった。
黙る少年少女たち。あれこれ考えて、陽介がふと呟いた。

「なぁ、山野真由美に関わったのって、天城や完二の母親だよな?
そんで、狙われたのがその子供。
犯人は、山野真由美に関わった母親の子供をターゲットにしてるって考えたらどうだ?」

机から乗り出す陽介に視線が集まった。
「なるほどー!!!」と千枝が納得する中、雪子がボソリと呟く。

「でもそうなると、何で犯人は母親じゃなくて、子供を狙うのかしら?」

「そりゃー……子供がいなくなったなんて知ったら、母親にしちゃショックだからじゃないっすか?」

「なにそれっ!?マジ陰湿な犯人なんだけどっ!?もしそうだったら……許せんっ!!!」

千枝が拳を握った。
他のみんなも犯人について言いたい放題だ。

「そうだとしても、動機がまだ不明確だな。
それに、山野真由美と繋がっている事件なら、母親たちには恨みはないはずだ。
こんな恨みを晴らすようなことはしないんじゃないか?」

リーダーであるが、冷静に言った。
再び訪れた沈黙を破るように、が紙コップに刺さったストローを動かす。
空の紙コップの中で、氷がジャリジャリと音をたてた。
みんな必死に考えているが、なかなかいい意見が出てこない。
テレビの世界のことも、シャドウやペルソナのことを知っているといえど、
やはり警察に比べると情報収集力は乏しい。
そんな中で、がふと、口を開いた。

「ねぇ、今回の事件って、本当に山野真由美と関係して起こってるのかな?
もしかしたら、全然関係してなくって、犯人が無差別に被害者を選んでるとしたら?」

彼女はぐるりとみんなの顔を見る。

「関係……してないとしたら?
もしそうなら……次に誰が狙われるかなんて、分かんないんじゃ……。」

「うーん……やっぱマヨナカテレビ待つしかないのかよ〜。」

ズズズと陽介が、コーラの最後の一口を飲み干した。
その時、の携帯が震える。相手は堂島だった。

「悪い。電話だ。」

は携帯を掲げてみせて、席を立った。
みんなから少し離れ、電話に出る。ガヤガヤとした中で、堂島の低い声が流れてきた。

か?突然悪いな。
実は今日、仕事で署に泊まることになったんだ。すまないが菜々子を頼む。」

「あ、はい。分かりました。」

頷いた拍子に、銀の髪が揺れた。

「それとな、そこに……」

「堂島さぁーん!!!頼まれたものですが……」

「あ、悪い。少し待っててくれ、。」

ガタンと電話を置く音。そこに混じって、何人かの男たちが強い口調で話す声も聞こえる。
修羅場のような警察署内を想像して、は苦笑した。
何度か叔父は職場の刑事と話したあと、電話に帰ってくる。

「それとな、そこに……あ、いや、やっぱりいい。
用件はそれだけだ。にも伝えてくれ。それじゃあ。」

堂島は言いかけた言葉を飲み込み、一方的に電話を切った。
不思議に思いながらも、は詳しく聞き出さなかった。
陽介たちが待っているのもあるし、まだ捜査会議の途中だ。
早く席に帰りたい気持ちもあったから。

先に電話を切った堂島は、机の上に携帯を放り投げた。
そのまま、先程手渡された資料に目を通す。

ここ最近の未解決事件の数々。中でも一番目についたのが、2年前の無気力症候群事件。
都市部を中心に起こった事件で、原因は不明とされた。
同時期に、不可解な道路の破損が見られる事件も起こっている。
ムーンライトブリッジ、ポートアイランド、そして……月光館学園の近くで。
なんとなく堂島は、その二つが気になったのだ。
2年前といえば、がまだ月光館学園に通っていた頃。

に聞けば、何か知っているかもしれないと思ったが……」

知るわけないか。こんな関係のないような事件。
資料を机の上に置いて目をつぶる。

(都会は事件だらけだな。無気力症候群といい、不可解な道路の破損事件といい……。
12年前の爆発事故だって……。あの事故で、の両親は死んだんだ。
あの事故だって、詳しいことは分かっていない。)

そして今度は、この街で不可思議な事件が起こっている。
警察署内のザワザワはおさまらない。みんな事件を解決しようと必死なのだ。
ただ、堂島は何となく、が何かを知っているような気がしていたし、
彼らがこの事件に関わっているとしか思えない。
けれどもそれを聞かないのは、彼らは今回の事件とは無関係だと信じていたいからだった……。







事件は何の進展を見せないまま、月日だけが過ぎていく。
天気の悪いまま6月が過ぎていき、八十神高校は衣替えを迎えた。
夏がだんだん近づいてることもあって、登校しただけで薄い生地に汗が滲み始める。

は、例のごとく一緒に登校していた。
この事実を知ってか、二人は付き合っているのでは?という噂まで流れているのだが、
当の本人たちはどこか抜けているのか、この噂を知らない。

「おーおー、今日も一緒に登校してんなぁー。」

教室から校門を見下ろして、千枝が言う。
二人は肩を寄せ合って、何か楽しそうに話しながら校門をくぐっていた。

「やっぱり都会から来た者同士、気が合うのかしら?」

「あの様子じゃ、二人が付き合ってるなんて噂されても仕方ないかも。
っていうか、何で噂に気付かないかなぁ〜?
君ももモテるから、校内の男子学生・女子学生が泣いてるっつーの。」

「……もしかしたら、二人とも噂に気付いてるのかもよ?
でも君って、どこか冷静だから一歩引いて噂を見てるのかも。
ちゃんだって、そういうの気にしなさそうだし………。」

雪子の言葉を聞いて、千枝は空を仰いだ。
「あー、それあるかも。」と口にする。
その瞬間、ガラっと扉が開いて、噂の二人が入ってきた。

「おはよう!」

「おはよ。」

そのまま二人は席につく。
後ろの席の陽介が、何か真剣に読んでいるようだったので、は覗き込んだ。
どうやらファッション誌らしく、陽介の好みの服がたくさん掲載されている。

「……真剣だな。」

「まぁーな。男だって、見た目は重要だろ?」

「見た目がかっこよくても、中身がそれじゃあなぁー。」

ニヤリと笑った千枝が、余計な一言を付け加えた。
陽介は少し低い声で、「里中、今何つった?」と反応する。
最初は軽く言い合いをしていた二人だったが、そのうち口論へと発展していく。
いつものことなので、周りのみんなは放置だ。
は陽介が口論している間に、雑誌をパラパラめくった。

「これ、に似合いそうだよね?」

隣で白い指が伸びてくる。の手だった。シックな服を指差して、の顔を見ている。
「そうか?」とじっと服を見つめ、自分がこの服を着ている姿を想像した。
悪くないかもしれない。フっと笑うと、ページをめくる。
横で雪子の、「あ。」と言う声が聞こえた。

「どうしたの?雪ちゃん。」

イスに座ったまま、が雪子を見上げている。
「たいしたことじゃないんだけど……」と雪子は言ってから、雑誌を指差した。
そこにはガールズトークコーナーという企画モノが掲載されている。
今回のゲストは『久慈川りせ』と書いてあるのを見て、は雪子を見上げた。

「これがどうしたんだ?」

「ううん。ただ最近この子見ないなぁって思って。
ほら、少し前は超人気アイドルで、テレビにもひっぱりだこだったじゃない?
CMだって、何個も出てた子だし。それが急にあんまり見なくなったなぁと思って……。」

雪子の言葉に、千枝が反応した。芸能関係に鋭い千枝だ。
こういう話に入ってこないはずがない。

「なんかね、噂によると体調崩してるらしいよ。りせちー。
この前の休日、テレビのワイドショーでやってたんだ!」

「里中、そういうの詳しいのな………。」

さっきまで千枝と言い合いをしていた陽介が、あきれた顔をして言う。

「そっか。りせちーって可愛いから、お仕事大変なんだろうなぁ。」

はもう一度、雑誌に載ったりせの写真を見る。
笑顔で話をする姿の写真。けれどもその笑顔が、なんだか疲れているように見えた。
心の声が聞こえてしまいそう。
「もういやだ……」そんなふうに言っているような気がして、は写真から目が離せなかった。

「アイドルも楽じゃねーよなー。」

陽介の声と同時に、チャイムが鳴り、モロキンが入ってくる。
雑誌が見つかればモロキンの愚痴大会が始まるので、はすばやく陽介に雑誌を返す。
そのまま、朝のホームルームが始まった。








鏡の前に立って、洗面台に手をつく少女がそこにいた。
普段は二つに結んでいる髪を下ろし、じっと鏡の中の自分を見つめる。

あなたは誰?

私は私。

本当に?

違う。私は偽りの私。

これは本当の私じゃない。

少女は唇をかみ締めて下を向いた。
本当はこんな仕事、したくなかった。
普通に学校に行って、友達としゃべって、彼氏を作って……。
もう疲れたと、小さく息を吐く。
少女は洗面所を離れた。部屋にある雑誌を手に取ると、自分の掲載されたページを破る。
自分の写真が小さく引き裂かれて、床に広がった。








#25 新しき迷える者