×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。










シャドウクマに名前を呼ばれ、はびくんと体を震わせた。
なぜそこで、私に問いかけるの?
そう尋ねる前に、シャドウクマが口を開いた。

「あの時お前は、仲間たちと真実を確かめてどう感じた?
よかったと思ったか?違うだろ?辛い運命を知って、絶望しただろ?後悔しただろ?
彼は楔となり、永遠に宇宙の片隅でたたずんでいる。輪廻転生の理から外れた愛しい彼。
お前は何度生まれ変わろうとも、彼には会えない。それが真実。
もしも知らなかったなら、お前は傷つかずにすんだはずなのに、真実を知ったからこそ傷ついた。
そしてお前は気付き、後悔してしまった。楔となる運命にあったのは、本当はお前だったことに。
お前が彼を………楔にしてしまったんだ。」

は言葉を失った。なんでそれを、あなたが知っているの?
何もいえない彼女の名前をが呼ぶ。それでもは何も反応しなかった。
ただ怯えたような瞳でシャドウクマだけを見つめている。
シャドウクマはにやりと笑った。

ちゃんになに分けのわからんこと言ってるクマか!
なんでクマの問題にちゃんが出てくるクマか!?
ちゃんはぜんっぜん関係ないクマ!
楔とか輪廻転生とか言われても、クマには理解不能クマっ!
……あ、分かったクマ!
クマがあんまり賢くないからって、わざと難しいこと言ってるクマね!
失礼しちゃうクマ!クマはこれでもクマなりに一生懸命考えてるクマよ!」

イーっとクマがシャドウクマに歯を見せた。
そんなクマを哀れな目で見つめるシャドウクマ。

「考えるなど無駄なことだ。お前は初めからからっぽなのさ。
お前には失われた記憶など初めからない。
何かを忘れているとすれば、それは"その事"自体にすぎない。
それに、お前は知っているはずだ。
のことも、楔のことも。お前はすべて"見ていた"のだから。
だって、昔のお前はただの…………」

「やめろ………やめろ………やめろって言ってるクマあああああああ!!!!」

クマがシャドウクマにぶつかっていく。しかし簡単に弾き飛ばされてしまった。
の隣で、ドサリとが膝をついた。
彼女の変化に戸惑いを覚える。がくがく体を震わせ、血色のない顔。
陽介も心配し、のそばに寄る。

「おいっ、!どうしちまったんだよ!?」

「しっかりしろっ、俺を見るんだっ!」

の肩を掴み、正面を向かせる。はただ、震えるだけで何かを呟いている。
耳をすませば、その呟きが聞こえた。

「違う、後悔なんかしてない。真実が分かってよかったと思ってる。
彼が生きろといってくれた………私、今更楔になんか……なりたくないよ。
怖い、怖いよ………」

はぎゅっと目をつぶった。
たちの前で、シャドウクマがむくむくと大きくなっていく。
その大きさは、尋常じゃなく、力も邪悪さも、何もかもが今までのシャドウよりはるか上だった。
シャドウクマは大きくなった瞳で、じろりとたちを捕らえる。

「真実が欲しいなら簡単だ。お前達が真実だと思えばいい。
………では一つ、真実を教えてやろう。」

お前たちはここで死ぬ。真実を知ろうとしたが故に、何も知りえぬままな………。

よ、そしてまた、お前は生まれ変わり絶望を味わうがいい。
愛しい者が輪廻転生の理を外れたことへの絶望。
それが、楔とならなかったお前への罰であり、また………真実だ。

目を開いたの瞳孔が収縮した。まるで彼女の周りの空気だけが止まってしまった感覚。
異変に気付いたと陽介は、静かにの名前を呼んだ。
返事はなく、彼女はただ、一点を見つめていた。
そして……………静かに彼女からペルソナ―――――オルフェウスが現れた。
オルフェウスは体をぴくぴく痙攣させている。

「ど、どうしちゃったのよ。なんでオルフェウス、こんな………」

不安を覚えた千枝が、力のない声を上げる。
雪子や完二、りせも緊張した瞳でのオルフェウスを見ていた。
やがてオルフェウスの痙攣が止まる。そして次の瞬間…………。
オルフェウスを食い破り、中から別のペルソナが生まれてくる。
大きく裂けた口。漂う鎖。鋭い剣を持ったペルソナ。
見ただけでゾクリと恐怖が走った捜査隊メンバーたち。

「あ、ああああ………い、いやああああああああ――――――っ!!!」

が叫び声を上げた瞬間、
オルフェウスから生まれた恐怖のペルソナ……タナトスは、シャドウクマへと容赦なく噛み付いた。
雄たけびを上げ、本能のままに暴れるタナトス。
それはつまり、ペルソナの……オルフェウスの暴走だった。







***







ざわざわと人の声がする講義室内。
明彦はあの事件からもうすでに完全復活していた。
こんなにも早く怪我が治ったのは、再び目覚めたペルソナ能力のおかげだろうと、
彼は自分の手を見つめた。
今日最後の講義は心理学の授業だった。
この講義にはほとんど出ているが、伊波座の姿はあれ以来見かけなかった。

(心理学の講義を放棄したのか………?)

そんな疑問が浮かんだとき、明彦は声をかけられた。

「ここ、座ってもいいか?」

眼鏡をかけた長身の男が、肩からバッグをかけ明彦を見ていた。
見回せば席は真田の横しかあいていない。
イスの上においていたバッグをどけ、明彦はその長身の男に言葉を返した。

「ああ。」

長身の男が隣に座る。大学内で何回か見かけたことのある顔だった。
残念ながら、名前が出てこない。クールな顔つきで、笑うことなどなさそうな人物だ。
明彦が彼をじっと見つめていると、男はじろりと瞳を動かして明彦を見返した。
そして小さな声で尋ねた。

「お前、ボクシング部の真田明彦だろう?
学部が違うお前が、心理学をとるなんて珍しいな。」

一瞬びくりとした。相手が自分の名前を知っていたことに。
明彦はぽかんとしていたが、低くて冷たい声でこの人物が誰なのかを思い出した。
確か彼は…………

「お前は確か、神郷諒………だったよな。入試の時、この大学をトップで通過した………。
神郷、お前も確か心理学とは無縁の学部だろう?珍しいのはお前も同じだ。」

明彦の言葉に、諒がふっと笑った。
「お互い様だな」と呟く。そのまま教授が入ってきて、授業が始まる。
教授の話を聞きながら、明彦は諒に言った。

「俺が心理学に出席しているのは、人間の人格に興味があって……だ。
人はつねに、いくつもの仮面をかぶりその役を演じている。
俺の中にも多分、いろんなペルソナがあるんだろう。
そう考えると興味がわいてな………。」

ちらりと諒の瞳が明彦に動く。諒はすぐに視線を教授に戻した。
しかし意識は明彦へと向けられている。
そのまま諒は、前を見たまま明彦へと言った。

「俺は将来、警察官になりたいと思ってる。
それには人の心理を知っておく必要があると思ってな。
それに………俺もペルソナについて、いろいろ知りたいと思ってる。」

そう語る時の表情はまるで、人を寄せ付けない雰囲気をかもし出している。
諒のそんな表情を見ていると、明彦の中にいるカエサルが少しだけうずいた。
まるで彼と共鳴しているような感覚を持つ。

(この感じ………一体何なんだ?)

不思議な感覚を持ったまま、明彦は授業終了を迎えた。
学生達がそれぞれ席を立つ中、諒も荷物をバッグにしまっていた。
そのまま彼は立ち上がり、明彦を見らずに背を向けた。

「なぁ…………」

「ちょっと聞きたいんだが………」

少しの間をおいて二人が口を開くと、それぞれの声がかぶった。
一瞬沈黙が訪れる。明彦は少し可笑しくなって小さく吹き出した。
振り返り、怪訝な顔をした諒が明彦を見ている。

「悪い。まさか同じタイミングで物を言うとは思わなかったんでな。
神郷、お前から先に言え。」

座ったまま、長身の男を見上げる明彦。戸惑いつつも諒は口を開いた。

「今度の講義、またお前の隣に座ってもいいか?」

意外な問いかけに、明彦は驚きつつも頷いた。
それを見て、今度はお前の番だと諒が促す。明彦は諒に尋ねた。

「ちょっと聞きたいんだが、伊波座っていう奴を知らないか?
心理学をとってるはずなんだが………。」

その言葉を聞き、諒の眉間にしわが刻まれた。
知らないか………。そう思ったとき、諒は明彦が思いもしない言葉を呟いた。

「伊波座……?この前の授業で、隣の席になった。不思議な奴だったな。
ニコニコしているが、アイツの存在を感じるだけで背中がぞくぞくした。
何か不思議な力を持ってそうな、そんな人物だった。」

考えるように諒が顎に手を当てて言った。
この前っていつだ!?………そう尋ねれば、彼は即答した。
「お前が休んだ日の講義だ」と。それから伊波座の姿は見ていない。
諒はそういい残し、去っていった。
明彦はなんだか、この先ずっと伊波座には会えないような、そんな感じがしていた……。







***






オルフェウスを食い破ったタナトスは、容赦なくシャドウクマを攻撃していた。
その光景を見て、捜査隊メンバーの顔が青ざめる。
りせが悲痛な声で叫んだ。

「このままあのペルソナが、あの子の影を攻撃し続けたら、あの子が死んじゃう!」

シャドウと本物はつながっている。
シャドウが死ぬ時は、本人も死ぬ時………。
陽介は頭を抱えるの体をゆすった。

「おいっ、頼むからあれをとめてくれっ!そうでなきゃクマきちがっ……!」

そう言ってみても、は動かなかった。
一体どうすればいいんだよっ………陽介がそう思ったとき、はぐいっとの体を抱き寄せた。

(…………えっ?)

の行動に言葉を失う陽介。はしっかりを抱きしめて、背中をさすった。
ゆっくり、ゆっくり。まるで母親が子供にやるように。
頭を抱えていたが、ゆっくりと顔を上げた。

…………?」

今まで何も言わなかった彼女が、リーダーの名前を口にした。
の耳元に唇を寄せると、優しく語りかける。

、何があったか知らないけど、お前は楔になんかならなくていい。
お前には大事な仕事があるだろう?俺を真実へと導くっていう、大事な仕事が。
なしじゃ、きっと俺は真実へはたどり着けない。
だから俺が、お前を楔になんかさせない。」

力強く、温かい言葉。の頭の中で、霧が晴れたような気がした。
それと同時に、あの言葉が思い浮かぶ。
ガソリンスタンドの青年が言っていた言葉。


『自分を強く持つんだよ?そして、飼いならすんだ。もう一人の自分を。』


から離れると、すくっとは立ち上がった。そのまま静かに目を閉じる。
あれはもう一人の自分だ。真実に怯え、後悔している弱い自分。
力に支配された、破壊だけを持つ自分。暴走した力。暴走したオルフェウス。

はスッと、手で銃の形を作った。
昔使ってた召喚器はここにはないけれど。
なぜ召喚器が銃の形をしているのか、昔明彦に聞いたことがあった。
銃で頭を打ちぬくことによって、"恐怖に打ち克ち内のペルソナを引きずり出す"ことができるらしい。
それならば、今ここで、恐怖に打ちかってやろうではないか。
は心の中で数を数えた。

(さん………)

タナトスがシャドウクマに喰らいつく。

(に………)

千枝と雪子、完二が必死な顔でを見ている。

(いち………)

陽介とが、の名前を叫んだ。

「タナトス…………っ!」

は心の中で召喚器の引き金を引き、目を開いた。
己の口は、暴走しているペルソナの名を呼ぶ。
恐怖に打ち克ち、自分を……タナトスを飼いならせ。

タナトスは大きく吼えて暴れた。「くっ………」との声が漏れる。
暴走するタナトスがのほうを見て、剣を振り上げ近づいてきた。
「あっ………」とみんなが叫ぶ。
は目の前で自分に斬りかかろうとしているタナトスを睨みつけ、言い放った。

「………いい加減、私に従いなさいよっ!」

今まで彼女が発したことのない低い声。ぴたりとタナトスの動きが止まった。
剣を握り、振り上げられた手が静かに下ろされる。
そのままタナトスは一つ声をあげ、タロットカードとなりの手へと降りていく。
13番目のアルカナ。デスのカード………。
そのカードを受け取ってから、はすぐ意識を手放した。
崩れるようにして倒れる彼女を支えたのは、もちろんだった。

っっっ!!!」

ちゃんっ!!!」

姉ちゃん!!!」

心配したメンバーたちがへと駆け寄る。
の腕の中で、はすやすや眠っていた。

「力を使いすぎたのね。今はゆっくり休ませてあげたほうがいいと思う。」

りせが言った。
そのまま、タナトスの攻撃で動きを止めたシャドウクマに向き直る。
そこには本物のクマもいた。
彼は真正面にシャドウの自分と向き合っていた。

「クマは自分が何者か分からないクマ。
ひょっとしたら、答えなんて見つからないって時々そんな気がしたクマ。
でもクマはここで生きてるクマっ!」

「大丈夫だ、クマ。お前はもう、一人じゃない。」

叫んだクマの背中に、が声をかける。
振り返ったクマを見て、陽介も言った。
一緒に探してやるよ……と。雪子も言った。
この世界のことを探っていくうちに、クマのことも分かるのではないかと。
その言葉を聞いて、クマは実感する。
自分はもう、一人ではないんだ………仲間がいる。
これからは大切な仲間のために、もっと役に立ちたい。力が欲しい。
心のそこからそう願った時、奇跡は起こる。
シャドウクマが光を放ち、それは大きな力となる。
シャドウと戦う為の力。みんなを守りたいと願った、クマへのプレゼント。

「キントキドウシ………?クマの、ペルソナ?」

目の前にいたのは、確かにもう一人の自分だった。







#34 飼いならせ。もう一人の自分を。