×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。










足立の証言により、テレビに映った少年の情報が少しずつだけど出てきた。
今の時点で分かっていることは、惣菜大学で短期間だけバイトしてたこと。
そして、彼の同級生がたまに商店街に来るということ。
7月30日の間の期間までに分かったことは、その2つだった。

7月31日、早朝。
は1泊分の荷物をバッグに詰め込むと、そのまま荷物を持ち、湯木家を出て堂島家に向かった。
玄関まで着くと、犬用のゲージを鼻先で触ってから、コロマルはじっとを見ていた。

「コロマル、電車に乗るときはこれに入ってね。」

そう声をかければ、クゥーンと辛そうな声が聞こえてくる。

早朝なので外はまだ涼しいが、もう少し日が高くなれば暑くなるだろう。
堂島から預かっている合鍵を使って、家の中に入る。
中は薄暗く、シンと静まり返っていた。台所まで行くと、小さないびきが聞こえてくる。
堂島がワイシャツに緩めたネクタイのまま、ソファーで寝ていた。

「遼おじちゃんったら。またこんなとこで寝て………。」

慣れた手つきで1階の寝室からタオルケットを出してきて、堂島にかける。
彼は起きることはなく、がかけたタオルケットをたぐり寄せ、そのまま包まった。
は少しだけ微笑むと、台所へと戻る。
3人分の簡単な朝食と、堂島の弁当を作り台所の机の上に置いた。
エプロンをはずし時計を見ると、すでにいい時間になっていた。

「もうそろそろ出ないと、電車に間に合わなくなるわ。」

ちらりと堂島を見て、玄関へと向かう
その時2階から誰かが降りてくる音が聞こえた。
それはすでに洋服に着替えているだった。

…………。おはよう。今日は早いね。」

驚くを、はじっと見つめる。
そのあとソファーで眠る堂島に視線をうつして言った。

「荷物持ちが必要だろ?堂島さんは寝てるし、俺が代わりに駅まで送るよ。」

そのままの荷物を奪い取り、足早に玄関へと向かった。
コロマルのゲージさえも軽々と持ち上げる
キョトンとしているを振り返って見てから、は眉をひそめた。

、急がないと電車に遅れるぞ?」

「あ、うん。分かった。」

の言葉に促され、は慌てて靴を履いて外へ出た。
コロマルが先に駅へと全力疾走していく。その後ろを、ゆったりとした歩調で進む若い二人。
道中ずっと無言であったが、駅が近くになるとが口を開いた。

「明日、何時ごろに帰ってくる?」

「うーん、分からない。けど多分、遅くなると思う。
晩御飯までには帰れないかもしれないから、大変だろうけど明日も自分達で用意してね。」

「ん………。わかった。」

会話がそこで途切れる。しばらく進んでから、再びは彼女の名前を呼んだ。

「なあ、。」

「なぁーに?」

「今日の昼、メールしても大丈夫か?」

「うん。別にいいよ。もしかしたら返せないかもしれないけど。」

「それでもいい。あと、もしかしたら電話するかもしれない。」

「いいけど、出れないかもよ?」

「大丈夫、分かってる。」

そんな会話をしてるうちに、八十稲羽駅に着いた。
先に切符を購入し、改札まで行く。
は無言で持っていた荷物をに渡した。でもその仕草はにしてはなんだかぎこちなくて。
とのさっきの会話と今の表情を見て、あることに気付いてしまった。

「ねえ。そんなに心配しなくても、私ちゃんと帰ってくるよ?」

「……………っ!なんで、分かっ…………」

の声がだんだん小さくなっていく。
大きく目を開いている彼を見て、図星か……とは心の中で苦笑した。
は、が都会に行ったっきり、戻ってこないのではと心配しているようだった。
うろたえているに、は携帯についている赤い石を彼に見せて言う。

「頼れって言ったのは、どこの誰よ?私が今頼れるのは、昔の仲間じゃないの。
それに、私の今の居場所は都会じゃない。………ここよ。
言ったでしょ?私は向こうで答えにたどり着き、なおかつ真実を知った。
向こうでやらなきゃいけないことは、もう何も残ってないの。」

だから…………

ち ゃ ん と 帰 っ て く る よ ?

は笑顔でそう言い、コロマルと共に改札を通った。
振り返ると小さく笑ったが頷きながら手を振っている。
表情は先程よりも明るい。
も手を振り返し、そのまま停車している電車に乗り込んだ。
そう、向こうでやるべきことは、もう何一つ残っていない。
今日は純粋に、昔の仲間と過去に浸るだけだ。素敵な一日になるといい。
がそう願った瞬間、電車が動き出した。
同時に記憶が蘇る。昔のリーダーとの出会い。昔の仲間たちとの戦い。
シートに深く座り、彼女は瞳を閉じた。記憶がゆっくりと、過去へと向かっていく。
その流れに逆らわず、やがて彼女は意識を手放した。
ゴトンゴトンと電車は走る。辰巳ポートアイランドへと向けて………。



* * *



の電車を見送ったは、一度家に戻ってくる。
台所へ行けば、の作った朝食を食べ終えた堂島が新聞を読んでいた。
菜々子はまだ、寝ているようだった。
堂島はの姿を見ると新聞をたたむ。

「おう、おかえり。俺の代わりにを見送りに行ってきてくれたのか?
すまんな。俺ももう、今から署まで行く。
できる限り早く帰ってくるつもりだが、難しいかもしれない。
遅くなりそうなら電話する。夕飯、適当に準備してくれ。」

は頷いた。それを見届けた堂島は、バタバタと家を出て行く。
早く帰るようにするとは言っているが、多分無理だろうなとは心の中で思う。
だって容疑者の少年が、失踪してしまったのだから。
実際はテレビの世界へ逃げたのだが、警察がそんなこと信じるはずはない。
さて、今日こそあの少年の決定的な手がかりが見つかるといいんだが……。
は白ご飯と味噌汁をよそって席に座り、丁寧に手を合わせたのだった。



* * *



ジュネスのフードコートに集合したたちは、今日やることを確認しあう。
今日はもちろん、あの少年の中学時代の同級生探しだ。
惣菜大学のおばちゃんの話では、彼はたまに、商店街に来るという。
髪の毛をキンキンに染めた少年だからすぐ分かる………ということだった。

「っていうか、今日は?」

彼女が不在だったことに、いち早く気付いたのは陽介だった。

「ああ。今日は都会のほうへ行ってる。昔の仲間たちに会うらしい。」

「ってことは、始発の電車で?」

千枝の言葉には頷いた。
それを聞いていたりせがごね始める。
お姉様が都会に行くんなら、私もついていけばよかった……と。

「いや、さすがにそれはだめっしょ。りせちー………。
けど、がいないのは結構痛いかもなぁ。
ってさ、観察眼が優れてるから、なんだかんだで頼りになるんだよなぁ。」

「仕方ないよ。にだって、彼女の生活があるんだから。
それに一応、昔の仲間とのほうが付き合い長いんでしょ?」

陽介にそう言った千枝の言葉が、の中で重くのしかかった。
そうだ。考えてみれば、自分がと出会ったのは今年の4月。
まだ4ヶ月しかたっていない。
それに比べて、彼女の昔の仲間と彼女は、少なくとも2年の付き合い………。
自分が知らないの一面を、彼らは知っている。

(なんだろう、この気持ち。なんだかすごく………悔しい。)

「おい、。何してんだ?今からみんなで商店街に移動するってよ。」

席を立った陽介が、怪訝な顔をしてを見ていた。
彼は慌ててみんなを追いかける。
そうだ。今はあの少年の手がかりを探さなくては………。




* * *




予定より早く都会に着いたは、出迎えてくれた真田や美鶴と、ある場所へと向かっていた。
それは桐条グループが所有している研究施設。
黒塗りの高級車から降りると、玄関で懐かしいメンバーと再会を果たす。
美鶴の秘書をやっているアイギスと、この研究施設で働いている山岸風花。

「アイギス!それに風花先輩もお久ぶりです!」

「おかえりなさい、ちゃん。それにコロちゃんも。」

風花がの足元で尻尾をふるコロマルを見た。
アイギスも同じように視線を落す。

「コロマルさん、なんだか少したくましくなったように思えるであります。」

「わんっっっ!」

まるで肯定しているような鳴き声。その場にいるみんなが笑った。

「コロマルもたくましくなったが、もいい面構えだ。」

「向こうのお前の仲間は、いい仲間のようだな。」

真田の言葉に続いて、美鶴もに言葉をかける。
はふわりと笑って、元気に「はい!」と答えた。
そんな柔らかい雰囲気は、一人の研究員の訪れによって消え去った。

「美鶴様、準備ができました。」

「ありがとう。ご苦労だった。
山岸、とコロマルをあの場所に案内してやってくれ。」

その言葉に、風花の表情が一瞬かげる。
しかし彼女は顔をあげ、「こっち。」と手招きした。
先ほど美鶴と真田に言われた。とコロマルに見せたいものがある……と。
その見せたいものの存在は、アイギスも風花も分かっているようで、表情が暗い。
風花を先頭に一行は、研究施設のエレベーターに乗り込んだ。
地下深くを降りていくエレベーターの中は無言だった。
重苦しい空気。一体、美鶴たちは自分たちに何を見せようというのだろうか?

ポーン………と目的の階に着いたことを知らせる音が響く。
扉が開けばそこは、ただ真っ白な世界だった。
蛍光灯がいくつも部屋の中を照らしている。その中に一つだけ、機械の塊があった。
ゆっくりとその機械まで歩んでいく風花。

「先輩、一体これは…………?」

機械の塊を見つめ、は風花に問う。
なぜこんなものを自分たちに見せたかったのだろうか?
彼女の質問に、風花ではなく、一緒にいたアイギスが答えた。

「これは対シャドウ兵器伍式、通称ラビリス。」

「対、シャドウ………兵器?ということは…………」

「はい。私と同じであります。
でもこれは、私より先に生まれた兵器。試作機。つまりラビリスは、私の姉です。」

「アイギスの………お姉さん?」

は美鶴の顔を見た。彼女は首をすくめ、ラビリスを発見した経緯を簡単に話した。
桐条グループのトップに立った美鶴は、極秘にシャドウやペルソナの研究を進めた。
そう、2年前のあの事件を繰り返さないために。
そんな中、この研究施設の地下深くの部屋で見つかったのがラビリスだった。
見つかった時のラビリスは、もうほとんど大破していた。

「アイギスがいる時点で、それ以前の対シャドウ兵器も存在するとは思っていたが……。」

美鶴がため息をついた。その横で、アイギスが口を開く。

「私の姉は、どうやら全く人間の姿をしていなかったようです。
ラビリスは今やほとんど大破しており、もう動くことはないと思います。
けど万が一、ラビリスが再び目をさました時、私は姉を破壊します。
おそらく試作機であるラビリスは、私のようにペルソナを制御することはできないでしょうから。
さん、コロマルさん。そこでお願いがあります。もしラビリスが暴走した時は………」

姉を眠らせるお手伝いを、していただけないでしょうか?





* * *




「やらかした同級生の写真が見たいって?
んなモン今持ってねぇーよ!……って言いたいとこだけど、あるんだなーこれが!
今ダチの間で回し見してんのよ。」

髪を金髪に染めた少年が、に写真を渡した。
写真を見ては目を大きく開いた。間違いなかった。
マヨナカテレビに映った、あの少年!名前は久保美津夫というらしい。

「いやいや、中学の時からずっと思ってたんだよなぁ。
コイツはいつか、絶対何かをやらかす………ってね!
中学んときから、周りの連中の悪口言ったりしてたわけよ。
そんで、まるで自分がこの世で一番正しいみたいな感じだったから、クラスで浮いてたしさ。」

少年は尋ねてないことまでベラベラとしゃべった。
しゃべるのに満足すると、「それじゃーな」と告げる。
が少年に写真を返そうとしたが、「やるよ、それ。」と言い去っていく。
その場で穴が開くほど写真を見つめたは、まずにメールした。
久保美津夫の写真の写メを添付して。

一方、桐条グループの研究施設でラビリスを見せられたは、巌戸台分寮に来ていた。
懐かしいあのリビングで、かつての仲間が顔を揃えている。
そんな中で着信した一通のメール。
稲羽市で少年の手がかりを探していたからだった。

「久保…………美津夫。」

添付されていた写メを開き、顔を確認する。
確かにマヨナカテレビに映った少年。は急いでメールの作成画面を開く。

----------------------------------------------------------------------------

To:

Sub:明日早く帰るよ。

Text:
、写メありがとう。確かにマヨナカテレビに映った少年だわ。
明日、予定してたより早くそっちに帰ることにする。
詳しいことはまたあとでね。それじゃ、みんなによろしく。
そういえば、家を出る前に今日の晩御飯用におかずを少し作っといたよ。
よかったら今晩食べてね。

----------------------------------------------------------------------------

送信。
パタンと携帯をしめると、かつての仲間たちがの名前を呼んでいた。
「おかえり」とも…………。
はみんなに柔らかく笑ってみせた。
本当は久保美津夫のことで頭がいっぱいだったけれど。







過去へと戻る日